港も見える丘から

人生のゴールデンエイジにふと感じることを綴っていきます

日記

NO.138 いわき復活への道

東日本大震災から6年の歳月が流れました。まるでもう復興されたいるかのように思い込もうとしてもまだまだ道のりは険しいものがあります。 もともと過疎化が進んでいて、諸問題が山積している地域が根こそぎ生活基盤を失ったのです。 復興 reconstruction と…

NO.137 耳が痛い話し…と月夜のノクターン

ピアニストの久元祐子さんのブログをいつも楽しみにしています。先日は“ショパン@なんば”というテーマのブログで、YAMAHAなんば店サロンでのショパン講座のことを書かれていました。ショパンの愛した楽器プレイエル、その柔らかなピアニッシモやふわりと残響…

NO.136 にっぽんよ にっぽん ドドンガドン

…………テレビのせいである。と、唐突に書く。すべてがテレビのせいでないにしても、99パーセントは、テレビのせいなのだ。テレビが人間を“思うままにもてあそん”でいる。そうするために、私は三十年近くテレビの仕事をした。日本と日本人を手玉にとるために、…

NO.135 冬来たりなば春遠からじ

3月 弥生に入りました。 来月、グランドオープンを迎えるしぇあひるずヨコハマですが、二つの建物を同時にリノベーションするというのは想像以上に困難なことが多く、気の休まることはありません。 工事が始まってから、のべ700人の方々が作業をしてくださっ…

NO.133 和をもって尊しとなす

今年度から確定申告にマイナンバーが義務付‼︎ いつの間に⁉︎ と驚きました。 私はマイナンバーカードを持っていないし、通知書さえ手元にありません。 あの頃、父の看取りで家にいることがなく、通知書さえ受け取れず、そのままに… 国民全員にナンバーを振る…

NO.129 子どもへ期待するもの

【子どもにとって親の期待とは何か】 『父母であること』 あなたは子どもたちに愛を与えることはできるがあなたの ものの考えを 与えることはできないなぜなら子どもたちは 子どもたち自身のものの考え方を持っているのだから あなたは子どもたちのからだを…

NO.127 しぇあひるずヨコハマと ゆずりは

私が暮らした家の内部解体が始まりました。 解体してみたら、60センチも天井に空間があったことがわかりました。 半世紀前に建てられた三階建て鉄筋コンクリート造りで、三階が住居、一階、二階は当時しては珍しいメゾネットタイプの賃貸住宅です。 もう一棟…

NO.125 2017年 希望の年に… 断捨離して始めましょう

2017年は穏やかな光に包まれて始まりました。 元旦は地元の洲崎神社とヨコハマの隠れた名所、 コットンハーバーに お散歩してきました。 一昨年は実父、昨年は義父と2年続いての喪中となり、今年は、そのお知らせさえも出しそびれ、いただいた方に寒中お見舞…

NO.124 追悼 渡辺和子先生 ピーマンの喩え

大晦日の朝、尊敬してやまないシスター渡辺の訃報を知りました。いつか、この日が来ると思っていましたが、本当に悲しいです。クリスマスを越して、ちょっと落ち着いたころ、神様は和子先生のこの世の使命をよしとされ、御許にお連れになったのだと思います…

NO.120 希望いっぱいの チャリティ⭐️望年会 に参加しました

先日、横浜 中華街 大珍楼新館にて行われてチャリティ⭐️望年会に参加しました。FBで知り合いお友達になった水口海さんが主催されている毎年恒例の会です。水口さんは東日本大震災復興支援を行なっている方々に敬意を感謝をもって、敬意を表しつつ継続的な復…

NO.116 Elle s'en va

先日、お疲れモードの昼下がり、布団にくるまって コロコロしながら、「ミス•ブルターニュの恋」Elle s'en va という映画を見ました。 あらすじはざっとこうです。 フランスの片田舎の街で老いた母を抱え、女手一つでレストランを経営する69歳のベティ。 彼…

NO.104 宮古・岩泉から

宮古出身のバイオリニスト古館由佳子さんと ハンガリーのピアニスト、チェリストによる ジプシー音楽のコンサートを企画しました。JAERVが20日に帰国するその日に、 ハンガリーからお二人が来日されます。なんとも国際色豊かになってきました。 今年、台風10…

NO93.人生の砂時計 さらさらと

初プロデュースコンサートが無事終わり、ホッとして横になり、気持ちよく目覚めた12日の朝、義父の訃報を受けました。 昭和3年生まれの義父は茨城県から東京に出てきて、持ち前の粘り強さで二つの会社を創業し、高度成長期に弾みをつけ、浅草に二つのビルを…

No87. 全国ベンチャーズエレキ合戦 at 小名浜

8月27日、28日、小名浜 ら・ら・みゅう特設会場で 第13回全国ベンチャーズエレキ合戦が行われました。 26日夜、ゴスペルコワイアの初ソロライブのステージに立った私は ゴスペルの余韻に浸ったまま、朝、ひたち7号で泉に向かいました。 二日に渡って10時から…

NO84. 夏の夜の 今昔物語

私は港区白金丘にある明治学院大学でこじんまりとしたキャンパスライフを過ごしました。 当時、「ハマ会」というグループがありました。横浜出身者がなんとなく集まって、おしゃべりしたり、お茶飲みに行ったり過ごしました。 明治学院はヘボン式ローマ字を…

NO.82. エクソダス

先日、還暦のお誕生日会をしていただきました。お友達のお姉さまのカラオケもできるお店を貸切り、生バンド付きという豪華さでした。 手作りのお料理やとれたての野菜はどれも愛情のこもったもので、とっても美味しくいただきました。 プロのボーカリスト、…

NO.81 ヘアスタイルを変えるとき

ライフスタイルを変えるとき、私は髪型を変えます。 還暦でパーマをかけようと密かに髪を伸ばしていました。先日、コンサートを行ったBOP の千葉さんの手で髪型決めてもらいたいと決めていました。 そして、昨日、希望通りにパーマをかけました。自分では全…

NO.78 しぇあひるずヨコハマで「花火を見る会」しました

PHOTO BY K.T 昨日は第31回 神奈川新聞社主催花火大会が行われました。横浜でもっとも大規模の花火大会です。数ある花火大会の中でも、ここの花火大会の一番の魅力は首都圏では唯一2尺玉がうちあがることです。 「港もみえる丘から」というブログのタイトル…

NO.71 初プロデュースコンサート "Prelude"

連日の集中豪雨で被害に遭われた方々もいらっしゃると思います。私も木曜日の夕方、バスに乗る際、傘をたたんだ、ほんの一瞬でびしょ濡れになりました。こういう雨の降り方は様々なところで影響を及ぼしますね。梅雨はなかなか終わりません。 さて、人生で初…

NO.67 Magic for Marigold 夢と希望の種まき

「赤毛のアン」の作者モンゴメリが書いた「マリゴールドの魔法」という小説があります。 赤ちゃんの時にお父さんを亡くしたマリゴールドが 大家族の中で成長していく物語で、 彼女を見守る大祖母の様子がうまく描かれています。赤毛のアンも両親がいません。…

NO.60 本当の幸せは? 「三人の息子 」トルストイ

むかし、あるところに、三人の息子がおりました。 一番目の息子がおとなになった時、 父親は息子を呼んで言いました。 「さあ、お前はわしと同じように生くるが良いぞ。そしたらおまえも幸福になれよう」 息子は「お父さんはおもしろ楽しく生きてきたのだか…

NO.59 微力だけど無力じゃない だから、やってみましょう!

去年の今日、私はドイツ、ベルリンにいました。近郊の町ポツダムにも行きました。ポツダム宣言が行われた離宮ではちょうど戦後70周年記念の展示がされていました。 日本人として胸が締め付けられるような気がしました。 敗者が勝者に好きなようにされていく…

NO.58 明日に架ける橋 サイモン&ガーファンクル

先日NO.55で一番悲しいクリスマスにスウェーデン宣教師夫妻の温かな励ましで、悲しみの川を超えたお話しを書きました。 今日はもう一つの思い出を書きます。眩しい日差しの降り注ぐ福島いわきキャンプ場で、一人の男の子に出会い、一目惚れをしました。 ギタ…

NO.55 Swedish National Day Celebration 2016

スウェーデンと日本の外交関係は1868年に樹立されました。 そこで、再来年 2018年は国交150年となります。 今日はスウェーデンナショナルデー、建国記念祭で、スウェーデン大使館では スウェーデン観光局主催のお祝いパーティーが華やかに行われました。 小…

NO.51 手紙

5月最後の日になりました。 8月の定年退職まで3ヶ月を切りました。 少しずつ整理を始めていますが、今日は書類の整理をしました。 一番大切なもを入れている箱の中にひと束の手紙がありました。 2011年のクリスマス、私は大きなプレゼントをいただきました。…

NO.44 L'Empire Des Sens 阿部定事件 80年前の今夜半の出来事でした

大島渚監督の「愛のコリーダ」が1976年に封切られ、 芸術かポルノかの大論争になった時、私は車に夢中で、 話題の映画を観ることも、 猥褻論争にも大して興味も持っていませんでした。 私には関係のない世界のことと思っていたのです。 「愛のコリーダ」は実…

NO.40 新東京日産の思い出

三菱自動車が日産の傘下に!というニュースを 最初は信じられませんでした。 昨日、日産自動車本社横の道を走りましたが、 マスコミの車が何台も停車してました。ー こういう時代が来るとは思いもしませんでした。私は車大好きな女の子でした。 男の子に車を…

NO.29 PEPA CAFE FOREST

まるで北欧のようなこの風景、 実は井の頭公園の写真です。 吉祥寺は「住みたい町No.1」の町。 先日、友人と吉祥寺に行った際、 井の頭公園内にあるタイ料理店 "FOREST " でお食事しました。 ここはタイ チェンマイにいるような気分にさせてくれる 素敵なカ…

NO.28 It's May DAY today!!

ヴァルブルギスの夜が明けると5月1日 メイデイです。 緑の美しい5月の始まりです。 ブログを始めて、最初の一ヶ月が過ぎました。 仕組みを理解できていませんが、ほとんど毎日、更新しているからか、 アクセスは4000を超えました。 お読みいただいたみなさま…

NO.14 家康ゆかりの静岡浅間神社とフラメンコ

大雨の東名高速を西に向かって走る車から見える世界は真っ白。 こんな土砂降りの雨は久しぶり。晴れ女の私には滅多にない光景です。 静岡に着いても、雨。光も射しているのに雨でした。 目的地の駿河国総社の静岡浅間神社は家康に縁深い神社です。 神部神社…

NO.13 今日、できることはなに?

熊本からの被害状況が伝わり、想像以上の被害に胸が痛くなります。 私に何ができるか、今日も考えていました。 土曜日午後、しぇあひるずヨコハマではイベントが行われていました。 神奈川・反町エリアのデータ収集をして、それを地図上にまとめていくワーク…

NO.6 入学式によせて 自分自身と社会を変容させる学び “Learning to Transform Oneself and Society”

日本の学校は4月始まり。 欧米のように9月始まりにした方が合理的なことはよく理解できても、 やはり、桜の季節に新学期が始まることは、私たちの心にあっていると思います。 今日、母校入学式に参列して、しみじみと思いました。 幼稚園から大学まで、私の…

NO.5 長男夫婦結婚記念日 二人決意と母の思い

本日、長男夫婦は4回目の結婚記念日を迎えました。 そして、二人にとって新しい門出の記念日になりました。昨年、会社を辞め、半年の準備期間を経て、今日、株式会社ここくらすを設立しました。 地元横浜の地域に根ざしたリノベーション事業を展開します。 …