読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港も見える丘から

人生のゴールデンエイジにふと感じることを綴っていきます

NO.10 谷千根界隈から上野 お散歩 締めは地元ヨコハマ

朝から同窓会たより発送作業をしてから、日暮里へ。
ユーミンつながりのお友達と待ち合わせて、
お昼に「川むら」のお蕎麦をいただこうと思っていたのに、
あるべき場所は空き地になっていました。
新築つき10月までおやすみの告知板に呆然…
そこで彼女が界隈のカフェを調べてみたら、「萩荘」HAHGISOがヒット。
早速行ってみました。f:id:tw101:20160413221351j:image
f:id:tw101:20160413221420j:image  f:id:tw101:20160413221441j:image f:id:tw101:20160413221456j:imagef:id:tw101:20160413222208j:image
 
1955年から木造アパートとして、2004年からは美大生によって、アトリエ兼シェアハウスと使われてきた萩荘、最小文化複合施設として生まれかわり、今はカフェ、ギャラリー、ヘアサロン、アトリエなどテナントを擁する素敵な出会いの場所になっています。
ここでランチをいただいてから、お散歩しながら、上野に向かいました。
仕事で毎日車で通る道も、歩いてみると新鮮な光景となります。
 
次に立ち寄ったのは、「上野桜木 あたり 」でした。
昭和13年に建てられた三軒の家が生き生きと蘇り、カフェ、ベーカリー、オリーブ専門店、
ビアホールが入居しています。f:id:tw101:20160413223023j:image f:id:tw101:20160413223037j:image  
        f:id:tw101:20160413223100j:image f:id:tw101:20160413223118j:image f:id:tw101:20160413223130j:image   f:id:tw101:20160413223209j:image
 
「ソトコト」の表紙を飾った「あたり」 シェアヒルズ ヨコハマの相談役としては興味津々です。
 
言問通りとの交差点には、下町風俗資料館(旧吉田商店)があります。
 
この辺りは外国から、特にヨーロッパからのお客さんが好んで訪れています。
                f:id:tw101:20160413224116j:image      f:id:tw101:20160413224129j:image
 
交差点から一通の路地を行けば、もう上野公園、藝大が見えてきます。
そして、おめあてのカラヴァッジョ展 国立西洋美術館に到着。
                f:id:tw101:20160413224402j:image   
 
「法悦のマグダラのマリア」の前でいろいろ思うことがあり、動けなくなりました。
レポートは後日、しっかり調べてからにしたいと思います。
 
横浜への帰路、上野から熱海行きの電車に乗れるとは、本当に楽になりました。
 
小雨も降る中、地元のARAIYA NEST へ。
小学校後輩と打ち合わせ兼ねての会食でした。
いつ、行っても美味しいお料理に大満足。
               f:id:tw101:20160413225322j:image   f:id:tw101:20160413225333j:image  f:id:tw101:20160413225401j:image  f:id:tw101:20160413225409j:image
 
今日はよく食べて、よく歩いて、よく名画を観賞した、フルコースの一日でしたが、
リフレッシュできました。