読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港も見える丘から

人生のゴールデンエイジにふと感じることを綴っていきます

NO89. 世界一周学校開校式とファーストレディ

 f:id:tw101:20160907124002j:image

「世界一周学校開校式」が我が家の庭で行われました。
主催者の中村雅人さんは世界中を回り、様々な経験を通して気づきました。
「1人でも多くの人と共有して、もっと一人一人の可能性を広げていきたい。」
「日本と世界を繋ぐようなことができたらいいな。」

 

そして日本の子どもたちに、気づいたことを広げていきたいという
思いをもって、キャンピングカーを購入し、
全国キャラバンに出かけるという行動に出ました。

 

ところが、キャンピングカーと50人くらいの人が
集まる場所がなかなか見つからず、
難儀していたところ、しぇあひるずヨコハマの庭が紹介され
今回開校式に庭を提供すことになりました。

中村雅人さん MASATO は私の好きな
MISSION PASSION VISION の3拍子が揃っている素敵な青年です。

 

白いキャンピングカーに青い色をつけ、
黒板にする作業からはじまります。
それ自体をワクワクしたものにしてしまう魔法かける
MASATO さすがです。

f:id:tw101:20160907124020j:image

f:id:tw101:20160907124033j:image

f:id:tw101:20160907124113j:image

 

 f:id:tw101:20160907124221j:image


その青年に外地で出会って大きく価値観が変わった女性が
今回の開校式に来場しました。

安倍昭恵さんです。
ファーストレディが我が家に?情報をきいて驚きました。
安倍総理大臣の奥さん…
どんな方かしら…

 

開校式で校長MASATOさんのお話しに続き、対談がありました。
そこで昭恵さんのお話を初めて聞きました。

f:id:tw101:20160907124106j:image

エスカレーター式学校聖心で学んだものの、
エスカレーターで最後まで登れず、首相夫人になったときに
なんでもっときっちり学ばなかったのかと反省、
フルマラソンに出場し、やればできると奮起、
立教大学大学院に入学し、学び直したという経歴。
ある程度ググれますので、
興味あるかたはどうぞネット検索 なさってください。

 

 

さて、首相夫人には熱狂的な支持者もいる代わりに
アンチ安倍の熱狂的な輩も大勢います。

誹謗中傷など日常茶飯事。
なんで私が知りもしない人からこんなこと言われるの?と
落ち込み、鬱になる可能性も高い状況です。

 

ところが、昭恵さんの反応は全く違います。
ダイレクトメールやFBでは丁寧に返信する、
あまりにひどい人には
わざわざ会いにいくこともあるくらいです。

なぜ?こんなに私を悪く言うのかしら?
私に興味がなければ悪く言うこともない。
もしかすると私のことが好きなのかもしれない…
どんな人かしら…
と、俄然好奇心がわいてくるというのです。

好奇心のかたまり、私と同じ…

 

 

なんで私が首相夫人になったにだろう。
もしかしたら、これが神さまの使命?

昭恵さんのお話しをきいているとシスター渡辺を思いだします。
さすが聖心…

聖心同窓生には美智子皇后がいらっしゃいます。
シスター渡辺和子、緒方貞子さんは同級生
今の日本を動かしている女性は聖心が育てたのかしら…

 

開校式がひととおり終わったところで、
昭恵さんを屋上に案内しました。
夕陽に浮かぶ美しい富士山の上に三日月が上がってきました。

まあ、綺麗と風景を楽しまれ、いっとき立場を超えて、
素顔でお話ししました。

 

昭恵さんのひいお爺様が森永製菓の創始者です。
アメリカに渡り人種差別を受けて苦労したときに
助けてくれたのが牧師さんで、キリストの教えに導かれたことなど
話してくださいました。

 

昭恵さんの心には聖心での教えが根を張っていました。
安倍首相にはっきり意見を言える貴重な存在です。
昭恵さんのことを知らずに、安倍首相夫人だから同じだと考えるのは
おかしいと思いました。

荒井社長夫人だから社長と同じ考えと思われたら、
私だって 違います 。私は私の考えがあります。と言いたいです。

f:id:tw101:20160907124205j:image

何も知らずに人の評価をしていくことは的外れなことだと思いました。
昭恵さんのお人柄に触れて、見方が大きく変わりました。

世界一周学校のこれからの活動にも目が離せません。

雨の予報にかかわらず、お天気に恵まれた日曜日でした。
まさか、ファーストレディと2人きりで話す時間がこようとは
人生、楽しくてしかたない、
こらからもっと面白いことが起きるかもと
ふと思いました。