読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港も見える丘から

人生のゴールデンエイジにふと感じることを綴っていきます

NO.100 アメリカで最も紅葉の美しい村 グラフトン

 f:id:tw101:20161011094537j:image

グラフトンのバプテスト教会

f:id:tw101:20161011094732j:image

グラフトンの合同教会

 

 f:id:tw101:20161011143205j:image

今頃は私の一番苦手な時期です。夏生まれなので、夏が大好き。

夏の終わりは寂しくて、秋を簡単には受け入れられない…と思っていました。

でも、秋って味わい深いですね。色彩が一番美しくなる季節です。

 f:id:tw101:20161011094559j:image

日本の秋は世界一美しいと思いますが、アメリカの秋も良いものです。

捜真の母と呼ばれるクララ・カンヴァース先生。

先生の故郷、アメリカ合衆国バーモント州グラフトンを2010年と2012年の秋に訪れました。

グラフトンは小さな村ですが、全米で最も紅葉美しい名所として知られています。

 

クララはパプテスト派の農業経営者ニュートン・カンヴァースと

母メァリの8番目の子供として1857年に生まれました。

小学校卒業後にバーモント州師範学校に進学して1873年6月に卒業し、

16歳で小学校教師になりました。

知的好奇心にあふれた聡明な少女でした。

讃美歌 「いつくしみ 深く 友なるイエスは」 の作者 Converse は親戚筋と言われています。

 

1876年、自らの教養を高めるために

バーモント州サクストンズ・リヴァーに設立されたばかりの

バーモント・アカデミーに入学して、1879年、アカデミー卒業後に、

マサチューセッツ州ノーサンプトンのスミス・カレッジ(初代校長L・C・シーリー)に

進学しました。

スミス・カレッジ卒業後、26歳の若さでヴァーモント州の視学官に任命されます。

これはとて名誉なことでした。

1年後、母校のバーモント・アカデミーに招かれて教師になり、

ギリシア語、ドイツ語、修辞学、数学を教えました。教え子には、

のちに医学者となるフロレンス・セービンもいました。

f:id:tw101:20161011094618j:image

ヴァーモントアカデミー校舎

 

1888年8月、父ニュートンがなくなりました。

父の遺体の傍に立ったとき、「神の道を伝えに外国に行け」という

神のささやきを感じたクララ、宣教師になることを決意し、

1889年5月バーモント・アカデミーに辞表を提出しました。

そして、アメリカ婦人バプテスト海外伝道協会に宣教師志願を出しました。

将来を嘱望され、女性としては当時の最高位に登れること保証されながら、

祖国で得られる栄誉より、遠く離れた国の子どもたちの教育を通して、

宣教していこうと決心されたのです。

見慣れたカンヴァース先生写真は晩年のものです。

 f:id:tw101:20161011095005j:image

 

でも、グラフトンの地に立ったとき、私は少女クララが見えました。

決して美人とは言えない顔立ちですが、その目はキラキラと輝き、

ほおは赤く染め林の中走り、サクストンズ川ほとりで思索に耽り、

バプテスト教会への道をハツラツと歩いていたのでしょう。

f:id:tw101:20161011094701j:image

バーブリッジ 

 

 f:id:tw101:20161011094944p:image

ヴァーモント州ってどこにあるか、すぐにわかる人はすごいです。

「ヴァーモントというと『カレーでしょ』と言われます。なんでですか?」

とヴァーモント出身の友達に聞かれたことがあります。

♪りんごとはちみつ とろ〜り 溶けてる 〇〇〇バーモントカレー

確かにヴァーモントはりんごと メープルシロップで有名なところで、

最高に美味しいチーズファクトリーもあります。

カレーとは全く縁はありませんが。

f:id:tw101:20161011095644j:image

 

手広くやっていたカンヴァース農場も今は名残のレンガがあるだけで、

他は跡形もありません。

f:id:tw101:20161011094632j:image

ここから、馬車に揺られて、ボストンに行き、

そこから遠く日本に宣教師としていらしたクララ・カンヴァース先生。

子ども時からカンヴァース先生のお話を聞いて育ちましたが、

どういうお気持ちだったかを考えたこともありませんでした。

しかし、ふるさとの地に立ったとき、込み上げる思いになりました。

自分の損得でなく、神さまが示された道を歩もうと決心された

クララの思いが伝わってきました。

自然は美しいところですが、同時に過酷な冬になれば、

雪深きヴァーモント州。

ソープストーンという特別な石を産出し、

一時はたいそう賑わいましたが、今は人口は激減し、

お年寄りばかりが暮らす静かな村になっています。

由緒あるホテルが一軒あるのみで、二泊しないと泊まれません。

2010年、下見で行ったときはそのホテルに泊まりましたが、

 

2012年にはハートフォードに移動して、

エイボンオールドファームスという素敵なホテルに泊まりました。

f:id:tw101:20161011094901j:image

憧れの天蓋付きベッド

f:id:tw101:20161011094909j:image f:id:tw101:20161011094919j:imagef:id:tw101:20161011094925j:image

 

アメリカ北東部の9月はもう秋…カンヴァース農場の落ち葉を一枚

小さな石を一つ、持ち帰りました。

ふるさとに帰ることもなく横浜三ツ沢墓地に眠る

カンヴァース先生のお墓にそっと置きに行きました。

「先生のふるさとに行ってきましたよ。

でも、天国にいらっしゃる先生はここにはいらっしゃらないで、

風になってグラフトンにも行ってらっしゃいますね。」と話しかけました。

すっと風が頬をなでていきました。

 

「神を信頼しなさい。最善の自己に忠実でありなさい」

カンヴァース先生のお言葉です。最善の自己 、私はいつも思い出すのです。「私は最善を尽くしているかしら」と。

 

この秋、私は今までしたことのない取組をしています。

カンヴァース先生が、「ほら、あなたの番よ。やってみなさいな」といって

肩をたたいてくださっているように、ふと、思いました。