読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港も見える丘から

人生のゴールデンエイジにふと感じることを綴っていきます

NO. 35 母の日宣言

今日は「母の日」です。

昨日ご紹介したアンナ・ジャービスさんのことで面白い記事を見つけました。

「母の日がアメリカの祝日になった後、ジャービスは母の日の商業化を激しく非難するようになっていたからだ。姉妹と共に、母の日を廃止するための活動に遺産を費やしたため、亡くなる時にはすっかり貧しくなってしまった。

ニューヨークタイムズ紙の死亡記事によれば、ジャービスは、母の日に既成のグリーティングカードを贈ることも非難していた。「既成のカードを贈るということは、世界で一番あなたに尽くしてくれた女性に、手紙を書く時間さえ惜しむ、ということです。それに、母の日にお菓子をプレゼントしても、結局そのほとんどを自分で食べてしまいます。なんて浅ましいことでしょう」とジャービスは述べている。」(The Huffington Post 2016/5/6 より)

生涯独身を通したアンナさんは「闘う女」として生きたようです。

f:id:tw101:20160508094554j:plain

感謝の気持ちは形より心が何より大切ですね。

 

 

さて、『母の日宣言』をしたジュリア・ウォード・ハウさんに焦点を当ててみたいと思います。

 

ジュリア・ウォードは父サミュエル・ウォードと母ジュリア・ラッシュ・カトラーの第4子としてニューヨーク市で生まれました。

母親は彼女が5歳の時に他界しました。

彼女は幼少からイタリア語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語と多くの言語を学びました。

長じて1843年に医学博士サミュエル・グリドリー・ハウ氏と結婚しました。

彼はパーキンス盲学校の初代校長となりました。

このパーキンス盲学校で後年、アン・サリバン先生、ヘレン・ケラー女史が学びました。

 

アメリカが北部と南部で戦った時代でした。

f:id:tw101:20160508090518j:plain

アメリカ南北戦争 チャタヌーガの戦い/ Wikipediaより

 

【母の日宣言】は、手塩にかけて愛して育てた子どもたちを

断じて戦場に送ってはいけないという強い意志を持った宣言です。

「立ち上がれ」という強い言葉で始まります。

私はこの言葉で奮起してしまうほどです。

信仰の違いを越えて、国境を越えて、女たちが集まって、

武力によらず、愛と平和を持って語り合い、

お門違いの政治家たちにまかせず、自分たちの手で

平和を作り出そうという力強い呼びかけです。

 

南北戦争後の1870年にはっきりときっぱりと

反戦を宣言したジュリアは戦時中、北軍から依頼を受けて

1862年に「リパブリック賛歌」の作詞をしています。

今ではヨドバシカメラのCMの曲になってしまいましたが、

昔から日本でも替え歌となって親しまれてきました。

幼少から語学を学んでいたジュリアさんの詩人としての才能が

開かれた素晴らしい詩です。

 

ちょっと長くなりますが「母の日宣言」と「リパブリック賛歌」の

英語の全文を掲載します。

 

お時間のある方は英文を味わってみてください。

 

Mother's Day Proclamation  母の日宣言 

Arise, then, women of this day!

Arise, all women who have hearts,

Whether our baptism be of water or of tears!

Say firmly:

"We will not have great questions decided by irrelevant agencies,

Our husbands will not come to us, reeking with carnage,

for caresses and applause.

Our sons shall not be taken from us to unlearn

All that we have been able to teach them of charity, mercy and patience.

We, the women of one country, will be too tender of those of another country

To allow our sons to be trained to injure theirs."

From the bosom of the devastated Earth a voice goes up with our own.

It says: "Disarm! Disarm! The sword of murder is not the balance of justice."

Blood does not wipe out dishonor, nor violence indicate possession.

As men have often forsaken the plough and the anvil at the summons of war,

Let women now leave all that may be left of home for a great and earnest day of counsel.

Let them meet first, as women, to bewail and commemorate the dead.

Let them solemnly take counsel with each other as to the means

Whereby the great human family can live in peace,

Each bearing after his own time the sacred impress, not of Caesar, But of God.

In the name of womanhood and humanity,

I earnestly ask That a general congress of women without limit of nationality

May be appointed and held at someplace deemed most convenient

And at the earliest period consistent with its objects,

To promote the alliance of the different nationalities,

The amicable settlement of international questions,

The great and general interests of peace.

 

The Battle Hymn of the Republic

Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord:

He is trampling out the vintage where the grapes of wrath are stored;

He hath loosed the fateful lightning of His terrible swift sword:

His truth is marching on.

(Chorus)

Glory, glory, hallelujah!

Glory, glory, hallelujah!

Glory, glory, hallelujah!

His truth is marching on

I have seen Him in the watch-fires of a hundred circling camps,

They have builded Him an altar in the evening dews and damps;

I can read His righteous sentence by the dim and flaring lamps:

His day is marching on.

(Chorus)

I have read a fiery gospel writ in burnished rows of steel:

“As ye deal with my contemners, so with you my grace shall deal;

Let the Hero, born of woman, crush the serpent with his heel,

Since God is marching on."

(Chorus)

He has sounded forth the trumpet that shall never call retreat;

He is sifting out the hearts of men before His judgment-seat:

Oh, be swift, my soul, to answer Him! Be jubilant, my feet!

Our God is marching on.

(Chorus)

In the beauty of the lilies Christ was born across the sea,

With a glory in his bosom that transfigures you and me:

As he died to make men holy, let us die to make men free,

While God is marching on.

(Chorus)

He is coming like the glory of the morning on the wave,

He is wisdom to the mighty, He is honour to the brave;

So the world shall be His footstool, and the soul of wrong His slave,

Our God is marching on.

(Chorus)